Home‎ > ‎リフォーム日記‎ > ‎

オーナーズルーム 漆喰塗り

2017/03/12 10:31 に Katsumi Kishida が投稿   [ 2017/03/12 10:32 に更新しました ]
とうとう壁塗りです。
この部屋は、漆喰を使って壁塗りをしようと思います。
元々の壁が、砂壁ということもあり、ひび割れも少しあることと、ポロポロと壁が落ちてくるところも嫌なので、石灰を使った漆喰を使用します。
漆喰は、固まるとポロポロとはならないということらしいです。

壁塗り前

まずは、せっかく磨いて柿渋を塗った柱が汚れないように、養生をします。

養生

養生する時ですが、養生テープにビニールが着いているものがすごく便利です。


それから、ひび割れた砂壁をパテ埋めいたします。

パテ埋め

まずは、ネットテープでひび割れ部を貼り、その上から網目が隠れるまで、パテを塗ります。

  

パテ埋め用のコテは、パテの容器の中に入っています。

30分程度で固まるので、固まったら凸凹をなくす為、表面をサンダーで磨きます。

パテ埋め磨き

磨くと砂壁にパテの粉が広がりますが、上から壁を塗るので、気にしなくて大丈夫です。
では、漆喰を塗る工程ですが、壁が古いのでアクが出るだろうと思い、2度塗りを行います。
まずは、1回目。

漆喰1回目

1回目は、薄く塗ります。漆喰自体は、1時間程度で乾きますが、やはり表面にアクが出て黄ばんできます。
パテ塗りした部分と比較すると、よく分かります。
アクが出た為、一晩置いてアクを出します。

翌日、2回目を塗って乾かした後、養生テープ等剥がします。

漆喰2回目

コテで塗りましたが、平らに塗りには、かなりの技術が必要なことが、塗りながらわかったので、わざとコテで塗った後を残し風合いを強調しました。


漆喰完了

これで、ようやくレコードがいっぱい収納できます。
途中で漆喰がなくなってしまったので、棚付近のみ完了です。

住む部屋になるまで後もう少し。